Maria Sennels


Maria Sennels

Maria Sennels

Karma: 219 (?)

Forfatter:

20


artikler

168


indlæg

父の初めてのパソコン

ILB29099父が仕事を定年の機に、なんとパソコンを始めたいと言い出しました。これには家族全員がビックリです。

父はとても器用な人で、日曜大工や家電類もお手の物なのですが、自分の携帯を持った時には、その機能をなかなか使いこなすことが出来ないなど案外苦手な事もあったんだと、驚いたくらいです。

そんな父がパソコンをするというので、もちろん家族に反対するものは誰一人いません。仕事も定年したのですから、出来た時間をボーっと過ごすよりも趣味でも何でも何かしら行うのはいいことだと思います。

そこで兄弟姉妹で相談して、父にパソコンの一式などをプレゼントしようという事になりました。これまで頑張ってきた父への定年祝いというか、お礼も込めて子供たち一同という事でやることに決めたのです。比較的そういった事に詳しい私と弟が買い出しを担当することになり、ふたりで父にいいものをアレコレ考えました。

パソコンは私が購入する時はいつも中古パソコンという事もあり、父のパソコンも私の行きつけのショップで選ぼうという事に落ち着きました。とりあえず本体が決まらないと、どれだけの予算が余るかも計算できないので二人で中古PCの販売サイトをみて選んでいました。タイミングが良くて比較的新古の中古PCが見つかりました。やはり私行きつけのショップです。しっかりと安く購入出来、あまったお金でそのまま必要な基本的グッズを購入していきました。

最後に少しプラスするとちょっとしたプリンターが買えそうだったので、弟と割り勘してプリンターまで揃えてあげました。これらを纏めて梱包して私が得意のラッピングを施し準備は完了です。あとは祝いの席で渡すだけ。きっと喜んでくれる事と思います。頑張ってパソコンを習得し、第二の人生、これからも父には長生きしてほしいです。

Giv din stemme

5 stemmer
4,4/5

Kommentarer

Få nyhedsbrev

39 JOB

Redaktør for dansk skønlitteratur

Se alle job Indryk job

Få nyhedsbrev

Få nyhedsbrev

Alt hvad du behøver at vide om kommunikation i din indbakke.

Ud over nyhedsbrevet får du max to andre faglige e-mails om ugen.

Vi bruger cookies for at give dig en bedre brugeroplevelse.